スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 写写熊猫
 
[スポンサー広告
天皇杯 4回戦 名古屋グランパス vs FC岐阜
グランパスとFC岐阜の公式戦での直接対決が、こんなに早く実現するとは、思わなかった。

「東海ダービー」「木曽川ダービー」「信長ダービー」「名岐ダービー」「岐名ダービー」何でもよい。
グランパス、FC岐阜の両方のファンである私は、ちょこっと複雑な気分の観戦でした。


まず、スタメン発表に驚かされた。
電光掲示板に表示された、グランパスのメンバーにFWが一人もいない。
さらに、「海本慶治」の名前が・・・。
帰ってから調べてしまいました。
やはり、新潟に移籍していました。

ふざけ過ぎです。


正式なスタメンは、玉田圭司、マギヌン、増川隆弘、吉村圭司、竹内彬、阿部翔平は、外していたが、まずまずのメンバー。

試合は、予想外の展開に・・・。
FC岐阜が、中盤から積極的な組織的な守備で、グランパス攻撃をしのぐ。
そして、前半を0-0で折り返し。
グランパスは、サポーターからブーイングを浴びせられる始末。

後半は、さらにFC岐阜ペース。
FC岐阜に、奇跡が起こるかもしれないと感じ始めていました。
しかし、後半、44分にグランパスが得点。

グランパスが辛勝。
FC岐阜が、大善戦した戦いでした。

(後半にFC岐阜のシュートをモロに顔面でブロックしてしまった、三木隆司選手が心配です。)


2008-11-02_0102.jpg



2008-11-02_0183.jpg

2008-11-02_0202.jpg

2008-11-02_0391.jpg

2008-11-02_0922.jpg

関連記事
Posted by 写写熊猫
comment:0   trackback:0
[サッカー]  thema:第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会 - genre:スポーツ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://menmensyasya.blog64.fc2.com/tb.php/37-7a93fb6d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。