スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 写写熊猫
 
[スポンサー広告
謎は解けなかった??
上村愛子、残念でした。


「一体どうすれば、オリンピックの表彰台に立てるのか、謎です…」


2006年、トリノオリンピックで5位になった上村愛子は、
このような言葉を残した。


そして、ターンを強化して、
2007年-2008年シーズン、ワールドカップで総合優勝。
2008年-2009年シーズンは、猪苗代で行われた世界選手権で優勝。

自ずと、バンクーバーオリンピックでの金メダルが期待してしまう。



そして結果は、4位。

1998 年 - 長野オリンピック         7位
2002 年 - ソルトレイクシティオリンピック  6位
2006 年 - トリノオリンピック        5位 


一つ一つ階段は上がっている。
でも悔しい。
謎は、解けないままだった。

涙を流しながら、インタビューを受ける上村愛子を見ていると・・・・、
メダルを取らして上げたかったと思う。


今回のオリンピックで、村田愛里咲と言う選手を初めて知った。
伊藤みきと合わせて、今後の活躍に期待したい。


結果 
4位 上村愛子
8位 村田愛里咲
15位 伊藤みき
19位 里谷多英


昨年6月にアルペンのトークショーで撮影した、
上村愛子選手
上村愛子


伊藤みき選手
伊藤みき




関連記事
Posted by 写写熊猫
comment:0   trackback:0
[スポーツ]  thema:バンクーバー冬季オリンピック - genre:スポーツ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://menmensyasya.blog64.fc2.com/tb.php/216-016cf1aa
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。